HOME > 業務内容 > 3D・アーカイブ

3D・アーカイブ

3D制作について

2010年11月から3D事業を開始し、収録から編集まで一貫して対応しています。
高い技術力で、BS・CS放送の本格的な3D番組に技術協力、コンサート、スポーツ等幅広い3D中継を実施しています。
スカパー!初の3D生放送「倖田來未コンサート」横浜スタジアム、韓国スーパーアイドル超新星3D映画LIVE MOVIE in 3D「CHOSHINSEI SHOW 2010」に技術協力。
3D対応中継車2台(連結可能、最大11台)を完備しイベント、パブリックビューイング等、多様なニーズにお応えします。

      

アーカイブ

将来にわたって保存しておきたい皆様の大切な記録映像を弊社にて変換・長期保存管理いたします!

皆様が持っている昔のビデオテープは再生用VTRが世の中からなくなってしまうと、見ることができなくなってしまいます。
1インチアナログVTRや3/4インチUマチックVTRは生産終了し修理不可能な状況にあり、今後、沢山の再生不可能なテープが出てくるでしょう。
同様に生産終了したD2やD3などのデジタルVTRでも近い将来、再生機がなくなってしまうのは確実です。新しいメディアにコピーして置きませんか?

弊社はより長期間保存に優位な記録メディアとして「LTOテープ」を推奨しています。
LTOテープは、すでにPCデータの保存用として銀行などでも使用されており、非常に信頼性が高いメディアです。

【LTOアーカイブのメリット】
1.高性能でビデオ信号を劣化させることなく直接記録でき、データ管理に大変優れた能力を発揮します。
2.1本のLTOテープに50時間分の映像が記録できますので、保存スペースが劇的に節約できる上にテープコストの削減にもなります。

当社推奨のLTOアーカイブは、高い信頼性に加え、コンパクトでローコストと3拍子揃った最新のアーカイブシステムです。 是非、ご活用ください。